マドリードでは 1 年に F2026 グランプリが開催されます。

マドリッド F1 グランプリ

マドリッドで F1 グランプリが開催される予定ですが、私たちは何年も前からこのような噂を聞いてきました。 El Mundo によると、それは確認されており、 2026年からマドリードがスペインGPの本拠地となる、と アーバンサーキット イフェマ遺跡周辺とバルデベバス地区を巡ります。

公式な確認はないが、同紙は、間もなく正式に発表されると述べている。 そうなれば、世界のモータースポーツの最高カテゴリーが、次のような都市レイアウトとともにスペインの首都に戻ってくることになるだろう。 永久的な部分と一時的な部分を組み合わせる.

F1がマドリードに到着、しかしバルセロナに別れを告げる

90 年代初頭以来、モンメロ サーキットは、地球上で最も速い車とドライバーがスペインでレースを繰り広げるサーキットでした。 最新のニュースに従い、El Mundo によると、カタルーニャ航路は今後使用されなくなります。 つまり、 カタルーニャがカレンダーから外れるため、2026年にはスペインGPはXNUMX戦開催されない。

2008 年から 2012 年にかけて、モンメロとスペインの両方で XNUMX つのスペインのイベントが開催されたことを覚えています。 バレンシア都市サーキット。 同紙は記事の中で「F1関係者によれば、それは実現不可能だ」とコメントしている。

マドリードでの最後のF1レースは1981年にハラマ・サーキットで開催された。

グランプリの運営は100%民間資本で行われます

F1 グランプリ マドリッド

どうやらマドリッドコミュニティの会長は、 イサベルディアスアユソ、そして首都の市長、 ホセルイスマルティネス-アルメイダ、この噂が強まり始めて以来、この取り組みを支持してきました。

いずれにせよ、最近ではさらにそうである バレンシアGPの経済的大失敗 2008 年から 2012 年の間、F1 マドリッド グランプリの組織は完全に民間資本によって運営されます。

誰が就任するのかを知るには数か月待たなければならないだろう 民間開発者、コンテストに割り当てられ、投資と組織化の責任を負います。 正確なルート、インフラ、講じられる措置、そしてもちろん正確な日付など、その他の詳細は後ほどわかります。 言うまでもなく、すべて FIAの規制と承認 (国際自動車連盟)。

一方で、マドリッドでのイベントの経済効果は年間500億ユーロ近くになると試算している。 原則10シーズン契約。 一方、暫定部分と恒久部分を含む滑走路建設の推定予算は約100億ユーロである。

スタートラインはIfema本館前となります。

ルートに関しては、 約5キロメートルのロープイフェマ本館のファサード前をスタートラインとして、M-11 を越えてバルデベバス方向に進み、道路に沿って循環します。 レアル マドリード スポーツ シティ そしてマッドクールフェスティバルが開催された土地を通り、最後の部分でイフェマパビリオンのエリアに戻ります。

ソース- エル·ムンド


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。